診療科・部門のご案内

メニュー

緩和ケアチームについて

1.緩和ケアとは

様々な病気や治療に伴う身体の苦痛や心のつらさを和らげ、患者さんやご家族にとって可能な限りより良い生活の質(quality of life :QOL)を実現する医療のことです。
緩和ケアは癌だけでなく、生命を脅かす「全ての疾患」が対象となっています。
緩和ケアは病気の時期に関係なく、診断を受けた時から必要に応じて行われるものであり、緩和ケアについて考えるタイミングは「早すぎる」ことも「遅すぎる」こともありません。

2.当院における緩和ケアチームの役割

当院の緩和ケアチームでは、病気や治療に伴うつらさや病気に対する不安などを和らげる医療やケアを、病気が診断された時点から担当医と協力して提供します。緩和ケアにより、患者さんが「仕事をしながら治療が継続できた」「住み慣れた自宅で過ごすことができた」と、自分らしく生活できることを目指しています。患者さんやご家族のつらさに対し、医師・看護師・薬剤師・栄養士・心理士・理学療法士・ソーシャルワーカーなど様々な職種がチームを組んで、担当医とともに患者さんとご家族を支えていきます。

3.活動内容

緩和ケアチームカンファレンス・回診

入院中の患者さんに対しては「緩和ケアチーム」が毎日ベッドサイドまで伺い、苦痛が早期に緩和されるよう担当医や担当看護師と相談して薬剤を調整したりケアを行います。また、週に一回以上、緩和ケアチームのメンバーでカンファレンス・回診を行い、より良い医療を提供するよう努めております。
カンファレンス・回診 臨時可 臨時可 栄養回診
認定看護師回診・面談 交代制

依頼の方法

① 治療を担当している医師や担当看護師・その他職種からの依頼
患者さんやご家族に関わる職員によって緩和ケアチームのサポートが必要だと判断された場合、その職員から依頼が出されます。担当医だけでなく、看護師・薬剤師・ソーシャルワーカーなど他職種から依頼ができるようになっています。
② 患者さん・ご家族からの希望の場合
病気の時期・治療の有無に関係なく、緩和ケアについてご興味がある方や身体的・精神的なつらさを抱えている方は、担当医または看護師などに「緩和ケアのサポートを受けたい」という旨をお伝えください。
当院では入院中のがん患者さん全員に「生活のしやすさに関する質問票」という苦痛のスクリーニング用紙を用いて、患者さんの苦痛の有無と程度を評価しています。その結果を確認し、患者さんの苦痛に合わせて緩和ケアチームや、退院 支援看護師、理学療法士、NST、嚥下チーム、精神科リエゾンチームなどに協力を依頼し連携できるようにしています。

4.主な相談内容

◆からだの症状:痛み、吐き気、呼吸困難、お腹の張り、だるさ、食欲低下など
◆こころの症状:眠れない、不安、気分が落ち込むなど
◆療養中の食事・栄養に関する相談
◆制度利用の案内(医療保険・介護保険・福祉制度など)
◆療養の場の選択(在宅療養・緩和ケア病棟・介護施設など)
◆今後のこと(治療・生活全般)を決めていくサポート(意思決定支援:アドバンス・ケア・プランニング)


当院で担当することが多いのは悪性疾患(がん)の患者様ですが、末期心不全、肝硬変、末期腎不全、慢性疼痛(循環器疾患などの疼痛)など、がん以外の患者様への症状緩和・サポートも行っています。
鎮痛剤で痛みがとれない患者様には、整形外科の医師や放射線科の医師と相談して、神経ブロック・緩和的放射線療法を行っています。

5.構成メンバー【2024年4月現在】

身体症状を担当する医師(専任) 平沼 彩子
(日本緩和医療学会緩和医療指導医)
身体症状を担当する医師(兼任) 杉﨑 裕香
精神症状を担当する医師(専任) 林 果林
看護師(専従) 赤沢 真代
(緩和ケア認定看護師・リンパ浮腫セラピスト)
薬剤師(専任) 金子 綾乃
(緩和薬物療法認定薬剤師)
薬剤師(兼任) 杉野 歩美
栄養士(専任) 鮫田 真理子
(管理栄養士)
臨床心理士(兼任) 端 こず恵
社会福祉士(兼任)
・その他、退院支援看護師、理学療法士、NST、嚥下チーム、精神科リエゾンチームなどに協力を依頼しています。

6.啓発および教育活動

教職員に対して講習会やセミナーを開催し、緩和ケアに関する啓発を行っています。
日本緩和医療学会認定研修施設として、緩和ケア専門医の育成に関わる活動も行っています。また、地域住民の方々を対象に、がん治療と緩和ケアに関する市民公開講座を開催したり、治療・生活に役立つパンフレットを作成してお渡ししています。
当院は2024年4月1日より、日本緩和医療学会基幹施設として医師の緩和ケア研修受け入れを行っています。

7.その他

当院は厚生労働省の定める正式な緩和ケアチームとしての要件を満たして活動をするため、介入開始から中止または退院まで、緩和ケア診療加算を算定しております。

8.緩和ケア病棟

当院には緩和ケア病棟はありません。あらかじめご了承ください。
当院に緩和ケア病棟はございませんので、緩和ケア目的での入院はお受けすることができません。当院に入院中の患者さんに対しては、ご希望があれば緩和ケアチームが同様の診察、サポートを担当医や担当看護師と協力して行っています。