診療科・部門のご案内

メニュー

薬剤部の紹介

薬剤部長  真坂 亙
少子高齢化社会の進行とともに急速に進む医療改革の中で、薬剤師を取り巻く環境も大きく変わろうとしておりますが、「国民の医療の質と安全性を確保するように努める」ことを第一に考え、大学病院の薬剤部としての業務、教育、研究を展開していく所存であり、ここに薬剤部の現状と特徴を紹介させていただきます。
入院患者さんへのお薬の説明や医薬品の適正使用を推進する上でも薬剤管理指導業務に力を入れております。ICU・NICUも含め、全病棟薬剤師を常駐させ、患者さんにとって安心で適正な薬物治療に貢献できるよう整備しております。また、病棟担当薬剤師は医療チームの一員として医師の回診やカンファレンスなどへ積極的に参加し、薬剤師としての専門性を発揮しております。また、病棟薬剤業務実施加算Ⅰ、Ⅱも実施し、医療安全管理面でも薬剤師は担当病棟のリスクマネジャーとしてその使命を果たしております。

医薬分業の推進と定着に貢献しており、外来処方せんのほとんどが院外処方せんです。薬剤部は、処方せんが正しく発行されるようオーダリングシステムの薬品マスター管理を責任持って行うと同時に、保険調剤薬局からの疑義照会、副作用報告、トラブルなどの窓口として対応しております。また、地域の薬剤師会とも連絡を密にして、平成12年の院外処方せん発行以来定期的に連絡会を継続しております。

患者さんの安全確保のため、薬剤部を中心に薬剤による副作用を監視する体制が整っております。副作用と確認された症例は、薬事審議会に報告され、必要なら対策が講じられ院内ホームページに掲載し、臨床にフィードバックされます。

新薬の開発にも積極的に貢献しており、当施設の治験受託件数は、本学の付属病院中最も多く、薬剤部から治験コーディネーターを治験推進センター(治験事務局)へ3名出向させております。市販後臨床試験、市販直後調査の実施にも医師に協力し、薬剤師が極めて大きな役割を果たしております。

本施設は、大学病院として医学生、看護学生および薬学生の実習受入施設でもあり、積極的に学生教育に取り組んでおります。また、薬剤師の認定・資格では、日本病院薬剤師会感染制御認定薬剤師、がん薬物療法認定薬剤師、日本化学療法学会抗菌化学療法認定薬剤師、日本小児臨床薬理学会小児薬物療法認定薬剤師、日本医療情報学会認定医療情報技師、糖尿病療養指導士、日本静脈経腸栄養学会栄養サポートチーム専門療法士、漢方薬・生薬認定薬剤師などの認定取得にも熱心に取り組んでいます。研究面では臨床に還元される研究や臨床医、薬学部との共同研究を推進しております。その結果、各学会での研究発表や論文投稿の実績に加え学位(薬学)授与などの輝かしい成果が現れております。

研究面では、臨床に還元される研究をモットーに、臨床医、薬学部との共同研究を推進しております。その結果、各学会での研究発表や論文投稿の実績や学位(薬学)授与などの成果が現れております。