診療科・部門のご案内

メニュー

感染制御認定薬剤師

感染制御認定薬剤師とは

感染制御認定薬剤師は、一般社団法人日本病院薬剤師会から、感染制御に関する高度な知識、技術、実践能力を備えているとして認められた薬剤師のことであり、感染制御を通じて患者さんが安心・安全で適切な治療を受けるために必要な環境の提供に貢献するとともに、感染症治療に関わる薬物療法の適切かつ安全な遂行に寄与することを目的としています。
感染制御における薬剤師の主な役割は、感染制御に必要な消毒剤、微生物、耐性菌等に関する知識や、感染症治療等に使用される医薬品の薬理作用や体内動態等の知識を生かして、患者個々の症状や状況に合った薬物療法や感染対策を提案することです。

当院では、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、事務職員で構成される感染制御チーム(ICT)が、お互いの専門知識を生かして連携し、感染制御に関する様々な活動を行っています。ICTの主な役割は、院内感染の発生状況を把握して適切な措置を講じること、定期的に院内を巡回して感染対策の実施状況の把握や指導を行うことです。薬剤師は、個々の患者さんに対する適切な抗菌薬の選択や抗菌薬の投与量・投与方法・投与期間について医師に提案したり、院内の抗菌薬使用量を集計・把握し、不適切な抗菌薬の使用等がないか確認しています。
また、院内の全職員向けの感染対策研修会の開催や院内感染対策マニュアルの作成、さらに、地域の他の医療機関と連携・協力して、地域の感染対策にも取り組んでいます。

取得者

佃 晶子