診療科・部門のご案内

メニュー

がん薬物療法認定薬剤師

がん薬物療法認定薬剤師とは

がん薬物療法認定薬剤師は、患者さんへ良質かつ安全ながん医療を提供することを目的として、日本病院薬剤師会が認定した資格です。がん治療の発展に伴い、抗がん剤や副作用対策の薬剤の使用方法が複雑化している中で、がん薬物療法についての十分な知識・技術と臨床経験(研修施設での各種業務の研修や講習会の受講、症例実績)が必要とされています。患者さんによって副作用の出方や治療に対する思い、生活スタイルもそれぞれ異なります。安全なことはもちろん、より最適な治療を患者さんに安心して受けてもらえるよう、医師、看護師など他職種と協力しながら患者さんのサポートに努めています。

がん薬物療法認定薬剤師としての活動

午前は外来化学療法室に常駐し、患者指導、レジメンチェック、他職種からの相談応需や情報提供を行っており、午後は病棟での活動と、翌日実施する患者の情報収集やレジメンチェックを行っています。また、レジメンを管理する委員会に参加し、適正なレジメンの登録に努めています。そして、月1回の化学療法関連の委員会にも参加し、安全で有効ながん治療を推進するべく、がん治療における院内のルール作りにも積極的に取り組んでいます。学外活動として、日本肺癌学会、日本臨床腫瘍薬学会などがん治療に関連する学会での発表も行っています。

取得者

日比野 三紗子