診療科・部門のご案内

メニュー

薬品情報室

個々のお薬に関する情報は山ほどあります。当院では約1400品目のお薬を取り扱っており、発売されているものに関しては10,000品目以上にもなります。毎年、続々と効果の高いお薬が発売されており、これらのお薬各々に効き目や働き方、投与量、投与方法、副作用、他の医薬品との飲み合わせなどが異なります。これらのお薬に関する様々な情報を、製薬会社、雑誌、海外文献、インターネットなどから収集し、評価し、整理・管理しています。また、当院で採用されているお薬については、医師が処方を入力するオーダリングシステムにそれらの情報を入力し、お薬が適切に投与されるように管理しています。
医師、看護師などの医療スタッフからの様々な質問に答え、情報を提供しています。
当院で起きた副作用症例の収集・データベース管理を行っています。
医薬品に関する情報誌や医薬品集を定期的に作成しています。

医薬品情報の収集・管理

医薬品情報の収集・管理
医薬品に関する膨大な情報の中から、信頼性が高い情報を判断して収集、管理します。医薬品の副作用など診療上必要と思われる情報を病院のスタッフに提供することもこちらで行っています。

医療スタッフへの医薬品情報の提供

医療スタッフへの医薬品情報の提供
医師や看護師などからの医薬品に関する問い合わせに対し、質の高い情報を、十分な量、わかりやすい形式で提供しています。

薬剤安全性モニタリング

薬剤安全性モニタリング
患者さんの血液検査の結果から、お薬による副作用が出ていないか確認し、医師に情報提供しています。これによりお薬の副作用を早期に発見し、症状がひどくなる前に対処することが出来ます。入院患者さんだけでなく、外来患者さんの検査結果も確認しています。

薬事審議会事務局

病院内のお薬に関する取り決めを行なう“薬事審議会”という委員会の事務局も兼ねています。審議会では、有効性や安全性を考慮し新しく採用するお薬の検討を行ないます。審議がスムーズに行なわれるように、資料の作成や準備などを行っています。

副作用情報の収集・報告・管理

副作用情報の収集・報告・管理
院内で起きたお薬による副作用の情報を集め、厚生労働省や薬事審議会に報告しています。また、副作用症例に関する情報を院内のホームページに掲載し、診療に役立てて頂けるように先生方との情報の共有を図っています。

オーダリングシステムの薬剤マスター管理

オーダリングシステムの薬剤マスター管理
オーダリングシステムの薬剤マスターの保守管理を行っています。薬の使い方、飲み合わせなど様々な情報を登録することで、患者さんの治療(医薬品の投与)が適切に行なえるようにしています。