診療科・部門のご案内

メニュー

注射室

個々の患者さんに使用される注射薬に関しても、内服薬や外用薬と同様に医師より処方せんが発行されています。投与量・投与方法・投与時間・投与期間などのチェックを行い、注射薬の調剤を行います。
注射薬の中には混合すると点滴ボトル内や点滴チューブ内で濁ったり、薬の効力が落ちたりするものもありますので、これも事前にチェックします。

注射薬調剤の流れ

処方内容の鑑査

処方内容の鑑査
医師の出した処方内容をオーダリング端末及び調剤支援システムにて薬剤師が監査します。投与量・投与方法・投与時間・投与期間に加えて、他の薬との重複、保険上の問題などもチェックしています。医師に確認が必要な場合は、確認が取れてから調剤を行ないます。

注射薬の調剤

注射薬の調剤
調剤は注射処方せんに基づいて行います。処方内容に問題がないか別の薬剤師により再度確認をしています。病棟での取り違いを避けるため、アンプル類は1回分ごとにまとめて、引き出しにセットしています。投与の際に内容や本人の確認ができるように、輸液にはラベルを貼付します。この際に、投与準備・投与時に注意を要する注射薬については情報文書を添付しています。

注射薬の鑑査

注射薬の鑑査
調剤後、別の薬剤師が、最終監査を行ないます。ここでは、処方内容の確認のほか、アンプルや輸液が注射処方せんに基づいて正しくセットされているかをチェックします。監査が終了すると各病棟に運ばれます。