診療科・部門のご案内

メニュー

調剤室

入院患者さんや外来患者さんが使用するお薬を、医師の処方せんに基づいて調剤します。調剤とは単に、お薬を取って袋に入れたり、混ぜ合わせたりするだけでなく、薬の組み合わせや量が間違っていないか?飲み合わせは悪くないか?など、処方内容をチェックすることも含んでいます。疑問があれば医師に確認をとった後に調剤しています。
外来処方せんは一部の医薬品(製薬会社から発売されていないため病院薬剤師が製造したお薬、保険が使えない医薬品など)が処方された患者さんを除いて、原則的に院外処方せんとして発行し、かかりつけの調剤薬局で医薬品を調剤していただいております。院外処方せんは、発行日を含めて4日間が有効期限となっています。

お薬をお渡しするまでの流れ

処方内容の鑑査

処方内容の鑑査
医師の出した処方内容をオーダリング端末及び調剤支援システムにて薬剤師が鑑査します。お薬の量や飲み方、保険上の問題、他のお薬との飲み合わせ、他の科で出されたお薬との重複などの問題がないかを確認しています。医師に確認が必要な場合は、確認が取れてから調剤を行ないます。

お薬の調剤

お薬の調剤
処方せんに基づき薬剤師が調剤を行ないます。処方せんの内容に問題がないか確認しながら、お薬の名前や規格に注意し、正しく取り揃えます。必要に応じ1回分ごとの袋詰め(一包化)も行ないます。
お薬の調剤
粉薬や水薬はバーコード管理によりお薬の取り間違えがないかシステム的にチェックしています。お薬の量も正しい量が量り取れるようになっています。2つ以上のお薬を混ぜる際は、配合しても問題ないかの確認も行ないます。

お薬の鑑査

お薬の鑑査
お薬が取り揃えられると、別の薬剤師により最終鑑査を行ないます。ここでは、もう一度処方の内容を確認した後、調剤されたお薬が処方せんの内容と違っていないかチェックします。袋(薬袋)に記載された内容が正しいことを確認した後、確認が済んだお薬を、袋に入れて完成です。

お薬のお渡し

出来上がったお薬は、患者さんがお持ちの引換券と引き換えにお渡しいたします。この時正しいお薬をお渡しするために、患者さんのお名前の確認をさせていただきます。お受け取りになったお薬は、内容をご確認ください。疑問等があれば薬剤師にお尋ねください。

調剤室では、この他にも院外の調剤薬局からの処方せんの内容に関する問い合わせや相談に対応するなど、外来の患者さんにとって重要な仕事を行っています。院外処方せんFAXコーナー(印旛郡市薬剤師会運営)のサポート、近隣の薬剤師会代表者との連携により、患者さんのお薬が正しく調剤されるための支援を行っています。また、県内各地域から来られる患者さんのために、定期的に千葉県薬剤師会や印旛郡市薬剤師会のホームページへ広く情報提供活動を行っています。