診療科・部門のご案内

メニュー

製剤室

院内製剤品の適正調製・使用に対する取り組み

院内製剤品は、使用頻度が少ない、安定性が悪いなどの理由で市販されない医薬品を病院の了解の上で、薬剤師が調製している薬です。当院でも注射薬から外用薬まで幅広く調製し、治療に貢献しています。この院内製剤品の採用は、第三者も参加する倫理委員会で厳密に決められており、最終的に病院長が承認しています。また適正な調製・使用のため、当院では特に院内製剤品の使用成績調査、独自のラベル作成、薬剤情報シートを用いた患者指導(一部)を行い、院内製剤品の適正使用に取り組んでいます。

誤使用防止

誤使用防止
・鼻、耳、眼に使用する容器は異なります。

・イラストを入れ文字が読めない人にも対応しています。

・ラベル、容器の色を統一、色で識別できます。

高カロリー輸液の調製及び処方設計

高カロリー輸液の処方設計・調製
処方に基づく調製を行うほか、検査値、他の使用薬剤などの情報を確認の上で調製しています。配合変化、投与速度、投与ルート等の問題ばかりでなく、代替え輸液を含めた処方設計の提案も行い、NST、褥瘡および病棟担当薬剤師などとも連携し業務を行っています。
その他、下記の業務も担っています。

製剤室の主な業務

・注射薬の無菌調製(抗体製剤、抗がん剤、眼内注射製剤等々)の調製
・アレルギー試験薬(パッチテスト、内服試験薬)の調製
・耳鼻咽喉科処置薬の調製
・治験薬(二重盲検薬、無菌調製)の調製
・研究用薬剤の調製 等々

業務研究

製剤業務の内容(調製方法、製剤薬の安定性、有害事象など)を前向きに調査・検討しています。一部の内容は、学会、院内誌、学術・業界誌などにも報告し、その内容について外部からの意見・評価を受け、適正調製・使用に生かせるようにしています。