病院のご案内

メニュー

マルチパラメトリックMRIによる前立腺癌の悪性度予測

臨床検体使用に関するお知らせ

『研究課題名 マルチパラメトリックMRIによる前立腺癌の悪性度予測』

【研究の背景および目的】
前立腺癌は年々増加傾向にあります。前立腺癌は比較的ゆっくりと進行するといわれていますが、骨転移や肝転移などが急に出現したりすることもあり、正確な診断・悪性度の判定が重要になる病期です。
そこで、東邦大学医療センター佐倉病院泌尿器科学講座では、体への影響が少なく外来通院でも繰り返し行うことができる前立腺MRIを用いて、前立腺癌があるのか無いのか、進行しやすいタイプなのかどうかを予測するために利用できるかについて研究を行います。このために、当院にて撮影された前立腺MRIと前立腺全摘の病理標本を比較して検討します。
この研究で得られる成果は、早めの治療が必要な前立腺癌患者さんを見つけ出すために利用され、患者さんにとって非常に意義のあることと考えております。

【研究対象および方法】
この研究は、東邦大学医学部倫理委員会の承認を得て実施するものです。

2013年以降に東邦大学医療センター佐倉病院泌尿器科において、前立腺癌に対して根治的前立腺全摘除術の手術を受けた方で、前立腺生検前に前立腺のMRI検査を受けた患者さん(約100例)を対象とします。

MRI検査の結果と病理検査の結果を比較して解析することにより、進行しやすいタイプの前立腺癌のMRI検査での特徴を見つけるための研究をします。

今回の研究で得られた成果を、医学的な専門学会や専門雑誌等で報告することがありますが、個人を特定できるような情報が外部に漏れることは一切ありません。

本研究に関してご質問のある方、診療情報や病理検査結果を研究に利用することを承諾されない方は、下記までご連絡下さい。

【連絡先および担当者】
東邦大学医療センター佐倉病院 泌尿器科学講座
職位・氏名 助教 上島修一(研究責任者)
電話 043-462-8811