病院のご案内

メニュー

静脈洞血栓症における頭部ルーチンMRI撮像法の診断能の比較検討

臨床研究に関するお知らせ

『静脈洞血栓症における頭部ルーチンMRI撮像法の診断能の比較検討』

【研究の背景および目的】
静脈洞血栓症は、一般に頭痛などの症状で発症し、画像による評価も難しく、診断が遅れ脳出血に至ることも少なくありません。本疾患のMRI撮像においては造影剤を使用したMRIが有用ですが、静脈洞血栓症が何らかの検査で疑われた時に施行されるものであり、通常の頭部MRI検査では行われません。通常の頭部MRI検査所見で本疾患が疑われれば、造影剤を用いた追加撮影が行われ、早期診断につながるものと考えられます。
そこで、通常の頭部MRI撮像法において、静脈洞血栓症の診断にどの撮像法が最も有用か、またどの組み合わせが有用かを明らかにすることを目的として本研究を計画しました。

【研究対象および方法】
この研究は、東邦大学医療センター佐倉病院倫理委員会の承認を得て実施するものです。

2006年10月1日から2016年9月30日の間に東邦大学医療センター佐倉病院放射線科において、頭部MRI検査が施行され、DSA、造影CT、造影MRIなどで確定診断が得られた静脈洞血栓症の患者さん(2例)と、その対照群として、DSAと頭部MRIが施行され、静脈洞に異常がないと診断された患者さん(6例)を対象とします。

対象となる方のカルテ情報から、性別や年齢などの患者背景、MRIの画像および検査結果を利用させていただき、静脈洞血栓症の診断における頭部MRI検査の有用性を検討します。

今回の研究で得られた成果を、医学的な専門学会や専門雑誌等で報告することがありますが、個人を特定できるような情報が外部に漏れることは一切ありません。

本研究に関してご質問のある方、診療情報を研究に利用することを承諾されない方は、下記までご連絡下さい。

【連絡先および担当者】
東邦大学医療センター佐倉病院 放射線科
職位・氏名 助教 中塚 智也
      教授 寺田 一志
      電話 043-462-8811