病院のご案内

メニュー

高度近視に伴う黄斑円孔網膜剥離に対する内境界膜翻転法の長期予後

本研究は、2012年8月~2014年8月に東邦大佐倉病院を受診し、周辺部網膜裂孔のない黄斑円孔網膜剥離と診断され、当病院で手術を受けられた方にご参加いただいております。黄斑円孔網膜剥離は難治性の疾患であり、当院で治療を受けられた方の治療前後の視力や画像などを学会で報告することにより、将来この病気にかかった患者さんをよりよい方法で治すことが可能になります。

研究責任者:東邦大学医療センター佐倉病院眼科
木下太賀
連絡先電話:043-462-8811